製品情報 ダウンロード FAQ
パートナー
ぎこうしゃホームページサイトマップ
活動
沿革
概要
取引先
1979年9月6日そして80年代
東京都千代田区に資本金1千万円で事務所を設立し、情報技術に関わる研究・調査とプロセスコントロールのシステム開発を主要業務として営業を開始しました。
その後システム開発では電子交換機のソフトウエア開発を、また情報技術の視点からマーケティングとコミュニケーションの研究・調査をサービスに加えました。
世界初といわれる16ビットパソコンを数百万も投じて導入し、報告書の清書から解放されたのはこの頃です。
80年代後半には画像処理とともに、地理情報システムの基礎技術研究に着手しています。
コンシューマズ調査システム等の開発を始め、独特な分野への進出を重ねた、この期間の業務も貴重な経験となっています。
1988年そして90年代
事務所を現在の海老名市に移転し、資本金は2000万円に増資しました。
研究開発型プロジェクトに営業重点を移し、画像認識システムをベース技術とした「自由行動下での個人認識」など、既存の製品技術では対応が難しいシステムのプロトタイプ開発を手がけました。中には数年に及ぶ長期プロジェクトもありました。
90年代後半には、技術の方向性と内容の検証と共に研究開発資金の確保のため、地理情報システムにおいて(財)基盤技術研究促進センターの審査にて、技術審査に採択されるなど、井の中の蛙から少し脱皮し始めました。
21世紀へ
世の中のSBIRブームに乗り、中小企業経営革新法や中小企業創造的活動促進法の認定を受け、創造法では補助金事業としても採択され地理情報システムの開発に弾みがつきました。2001年11月には資本金を3200万円に増資しました。
02年春には2度目の創造法認定を受け、地理情報システムの第一弾製品も完成、新しいコンセプトの空間データ管理手法を提供を開始しました。製品のブランド名「MUG」 Method of Ulitimated GISはそういった気持ちの現れです。
そして現在
100年に一度と言われる経済不況の中、経営手腕の未熟も相俟って厳しい事務所運営を迫られました。そのような中、従来の技攷舎のユニークな視点と技術によるオリジナル開発製品と共に、「Economy by Ecology」を目指す他者技術・製品のアレンジや紹介を開始しました。もちろんユニークな視点と技術である点は共通した考え方です。
創業以来の情報技術周りの業務とともに地理情報システムと統計医療情報システムを新しい事業の核とし、社名の示す通り、常に次の技術を考え覈(調)べる事務所であろうと思います。
Copyright © 2017 Gikosha Planning Associates, Inc. JAPAN. All Rights Reserved.