健診値で同じ年代の中での健康状態を知る
    
普及版デスクトップGIS
簡易ビュアー
 (無償配布版)
地理情報システム GIS
   提供準備中
   
国勢調査小地域用簡易ビュアー
 (ご紹介:無償配布版)
小地域簡易ビュアー  地理情報システム GIS
   (財)統計情報研究開発センター殿より
ご提供されています。

外部
価格一覧        
アプリケーションやデータなどのご紹介は GPA Talks もご覧ください。 
  
Method of Ultimate Gis
情報科学に基づく新しい高機能空間解析型地理情報システムです。
   誰もが使える簡便な操作性と価格帯で提供します。
独自の視点によるユニークで便利な機能を実装しています。
GISシステムではなく、アプリケーション業務の専門家をユーザ対象とした、
分かりやすく直感的なインタフェースです。
GISコアエンジン部からの独自開発した完全プロパーのシステムです。
   
並列マルチマップ機能
並列処理が可能なマルチマップシステムとマップ間解析
マルチマップシステムにより複数のマップ(地図)を同時に表示したり解析できます。これにより同一(地域の)マップを複数表示して条件を変えたり、異なる(地域の)マップを複数表示して同一条件で解析しその結果を同時に比較表示することができます。
    
パイプライン機能
作業の流れにデータと処理(解析、検索)を連携し実務性を高めるパイプライン機能
解析や検索の各機能の操作フォームを単位として、それらを接続し、情報をそれらの間に流し授受するものです。各機能のフォームを流れる間にそれぞれの処理を受けて最終情報が得られます。化学プラントでの加工の流れや工場での組み立てラインをイメージして頂くと分かりやすいでしょう。
パイプライン機能の延長線には現在開発中のコンポーネントプログラミング機能が想定されています。これによりGISの操作フォームを単位とするデータフロープログラミングを、特別のプログラミング言語を習得することなくエンドユーザプログラミングとして実現します。
  
空間解析機能
本格的な実務での使用に耐える解析機能
例えばある領域(図左下)に存在する建物を抽出するとしましょう。そのとき領域の境界にある建物はどう扱うべきでしょか?解析の目的によって、ちょっとでも領域に掛かる建物は抽出する場合(図左上)、半分以上が掛かる建物を抽出する場合(図右上)、完全に領域に含まれる建物だけ(図右下)を抽出する場合と様々なケースが考えられます。1つの解析機能(上述の例はオーバーレイ解析です)でも、目的によってさまざまな条件が簡単に設定でき、実務に沿った解析が実行できます。
    
マップ表示モード機能

マルチマップ機能を効果的に活用するため、マップを開くには次の3つのモードが提供されます。

  排他モード
  同じマップを1つ以上開くことはできません。
独立モード
  同じマップをあたかも別のマップとして開きます。独立モードで開かれたマップはそれぞれのマップで実施した解析結果や抽出テーブルのデータはそれぞれ独立して保持されます。
協調モード
  同じマップを協調モードで開きます。編集内容や解析結果や抽出テーブルのデータは共有されますので、マップ間の環境を統一します。
現在Quickでは提供されていません。
  
表示情報のユーザ制御機能 
地理実体、名称ラベル等の表示とサイズなどの制御機能
マップ上に表示される情報は過不足無いことが求められます。
無用な情報の表示やマップ領域に不適切なサイズの表示などは、情報を歪めてしまいます。ユーザに取って必要な情報の表示方法を選択指定できます。設定はデータ形式別とテーマ別とで設定ができます。

マップの拡大縮小に関係なく常に同じ大きさで文字列やマークを表示したり、拡大縮小にともなって一定の範囲で文字列やマークの大きさを変化させるなど、ユーザにとって使いやすい、見やすい表示に設定できます。
地理実体、名称ラベル、メモなどの文字列やシンボル、ポイントデータの表示やサイズを調整することができます。
マップの拡大縮小に関係なく常に同じ大きさで名称ラベルや分布図タイトル、メモなどの文字列やマークを表示したり、拡大縮小にともなって一定の範囲で文字列やマークの大きさを変化させるなど、ユーザにとって使いやすい、見やすい表示に設定できます。
名称ラベルをマップ、領域面積割合、同一ラベル重複などによって表示数を制御します。領域面積割合では全画面・1/4・1/16画面での表示すべき名称ラベルの条件を設定し細かな見易さを考慮できます。
データ属性表示において、指定したポイント近傍の検索地理実体(シンボル・ポイントオブジェクト)の検索数などを設定し制御できます。
作業の中途等でQuickを終了する場合のマップの領域や表示状態を復元範囲を定めて保存し、次回Quickを起動したときに、そのマップ状態を反映できます。     等々