ジオプレースメント(ジオコーディング)
ジオプレースメントはterraDesign外部で作成したデータベースを入力源として利用すし、シンボルやドットを地図上に自動配置します。
配置されたシンボルやドットは空間データとしてデータベース(入力源)の内容(属性データ)と関連づけられたテーマを生成します。アドレスマッチングやジオコーディングとも呼ばれています。
配置位置の決定方法
ジオプレーススメントでシンボルの配置方法を決定するには次の方法があります。
座標値の項目を利用する
入力源テーブルの座標値項目の指定する座標値にシンボル(ドット)が配置されます。
フォーム
手動でレコード毎に配置する
マップ上でマウス指定した任意の点にシンボル(ドット)が配置されます。
フォーム
基本図の住所関連テーマを利用する
テーマに該当する地理実体の図芯(セントロイド)にシンボル(ドット)が配置されます。
フォーム
国土交通省の「街区レベル位置参照情報」などの位置参照情報テーブルを利用する
国土交通省の「街区レベル位置参照情報」など住所の座標値変換テーブルを利用し、入力源テーブルの街区レベル(「○○町△丁目□番」)の住所項目をから位置座標代表点の緯度・経度を取得し、その座標値にシンボル(ドット)が配置されます。
フォーム
  
配置するマークの種類とサイズの決定方法
配置するマークの種類とサイズの決定方法には次の方法による組み合わせがあります。
マークの種類とサイズの設定(上段はユーザ指定:下段はデータ項目値比)
シンボル ドット 円領域










項目値利用フォーム
ユーザ設定サイズでは、次の3つのサイズ設定を選択できます。
縮尺比例 大きさをピクセル数で指定します。表示画面の拡大縮小にシンボルマークの表示サイズを追従させることができます。
直接指定 大きさを地図上の距離m単位で指定します。
固定値 大きさをピクセル数で指定します。表示画面の拡大縮小に関わらず一定ピクセル数で表示します。