マルチマップ
複数の異なる地域や同じ地域の地図に対する同時に並列な表示や解析を可能とし、老齢化率の時間推移、地域による老齢化の状況の違い、温暖化による海岸線の後退の様子など、見比べたい内容をマルチマップで提供します。これによって効果的で分かりやすいとされる比較理解を簡単に実現します。
マルチマップでの比較
図例はマルチマップを利用して同じ領域と異なる領域の分布図の様子を比較している例です。
・上段左右は2つの県の市区町村別老齢層比の分布図
・右下は市区町村別人口の分布図
・左上は標高分布
をそれぞれ表示しています。
マルチマップによって県による老齢化の違い、老齢化の進行、標高と老齢化の関係などを見て取ることができます。

クリックで拡大
図例はマルチマップを利用して同じ領域に対して設定条件を変えて空間解析行い解析結果の違いを比較している例です。
・左上マップでは領域に少しでも重なる建物は全て
・右上マップでは領域に建物の30%以上が重なる場合
・右下マップでは領域に建物の50%以上が重なる場合
についてそれぞれ抽出しています。
解析の基点となる領域(ここでは町丁目行政界:赤枠)は左下マップです
マルチマップによって解析条件により結果の違いがよく分かります。

クリックで拡大
マルチマップの表示
横に並べて表示 縦に並べて表示 重ねて表示
クリックで拡大 クリックで拡大 クリックで拡大
同じマップを表示 同じマップとメッシュ 異なるマップを表示
クリックで拡大 クリックで拡大 クリックで拡大