商圏マップ

 待ち商売型の小売・サービス業などの場合は,まず商圏を把握することがエリアマーケティングの第一歩です。 商圏とは一口で言うと「顧客の地理的分布」のことですが、商圏がわからなければ、 折り込みチラシやポスティングを実施する場合の配布地域も決まりません。

商圏は立地や競合状況 などにより、まず商圏の大きさや、その中に対象となる顧客がどの程度存在するかなどを把握することが必要になります。

(データ及び地図はダミー:架空データです)
こんなことができます
  自社店舗、競合店舗などのシンボル情報を地図上に配置できます。
配置された自社店舗、競合店舗などから、店舗売り場面積などのデータ項目を利用して、ダイナミックに商圏を作成することができます。
作成された商圏と国勢調査データなどを重ね合わせ解析することによって、商圏内の対象顧客分析などができます。
terraDesignでの手順
自社店舗、競合店店舗をマップにプロットします。
シンボル機能を利用して自社店舗や競合店店舗をマップ上にプロットします。店舗数が多い場合やテーブルが用意されている場合は、ジオプレースメント(ジオコーディング)機能を利用します。
各店舗の商圏を作成します。
各店舗の商圏をジオプレースメントの円領域を利用して作成します。商圏の範囲はユーザが個々店舗kからの距離を指定することも、店舗床面積、駐車場台数などを反映した距離をテーブルデータ値を利用してダイナミックに算出して生成することもできます。
国勢調査メッシュ統計データを利用して、メッシュを作成し市場データを自動的に取り込みます。
国勢調査や事業所・企業調査データなどの小地域メッシュ統計データからは、メッシュ作成機能で簡単にメッシュの作成とデータ取り込みができます。顧客背景の理解に必要な年齢別人口など様々なデータをメッシュ単位や大字町丁目単位で取り込みます。
商圏内の対象人口数やその分布状況などを的確に把握します。
作成された商圏とメッシュ統計データとを重ね合わせて商圏内の購買対象人口数など様々な統計情報を取得したり、分布や地域的な偏りなどの商圏特性をしっかり把握します。
商圏を広げたり、密度を高めるための資料とします。
terraDesign商品情報と購入方法
ご購入はこちら
お問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールアドレスは画像です。
ゲストブックからのお問い合わせ
ゲストブックはこちら
活用事例トップへ