安全・安心マップ

お客様マップを作ると、顧客台帳だけでは見えないもの、たとえば、どの地域に顧客が多いか少ないか等がよく見えてきます。お客様は必ずしも均一に分布しているもではありません。比較的集中しているところ、逆に点在しているところが必ずあります。
お客様データをマップ上にのせたからこそ見えてくる隠れた情報、そこにお客様マップを作る意味があります。

(データ及び地図はダミー:架空データです)
こんなことができます
  お客様の家、自社店舗、競合店舗などのシンボル情報を地図上に配置できます。
国勢調査などの標準メッシュ統計データから、簡単な操作で標準メッシュの作成と、統計データの取り込みができます。
   メッシュ統計データによる潜在顧客分布と、顧客マップとの重ね合わせにより、顧客開拓率や、優位に顧客を開拓できている地域などを把握、分析することなどができます。
地域性を考慮した、効率の良い販売促進活動ができます。
terraDesignでの手順
お客様、店舗などのシンボルをテーブルからマップにプロットします。
ジオプレースメント(ジオコーディング)機能を利用します。テーブルからマップ上にシンボルを自動プロットします。プロット先は座標値を始め、基本図の住所項目の利用、国土交通省の街区レベル位置参照情報をりようしたアドレスマッチングなどが利用できます。シンボル機能を利用して1件1件手動プロットすることもできます。
国勢調査メッシュ統計データを利用して、メッシュを作成しデータを自動的に取り込みます。
国勢調査や事業所・企業調査データなどの小地域メッシュ統計データからは、メッシュ作成機能で簡単にメッシュの作成とデータ取り込みができます。顧客背景の理解に必要な年齢別人口など様々なデータをメッシュ単位や大字町丁目単位で取り込みます。
お客様の分布や潜在顧客数とお客様数のギャップなどを把握します。
お客様がどこから来てくださっているのか、また対象となる年齢層の多さとお客様の数は必ずしも一致(比例)していません。その現状を把握し、強い地域、弱い地域を見つけ出し、その原因を探し、折り込みチラシなどの効果的な販促活動に結びつけます。
terraDesign商品情報と購入方法
ご購入はこちら
お問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールアドレスは画像です。
ゲストブックからのお問い合わせ
ゲストブックはこちら
活用事例トップへ